本日は、節分。鬼が、大忙しの一日である。普代村立はまゆり子ども園で、毎年恒例の豆まきが行われた。赤鬼と緑鬼の2人がやってきて、子ども達は、泣きわめきながらも、一生懸命、鬼へ豆を投げつける。
 同じ鬼でも、私は、子どもたちから、鬼ちゃん鬼ちゃんと呼んで親しんで貰っている。豆まきでは、鬼ちゃんにしがみついて泣く子や、鬼さんは怖いけど、鬼ちゃんは優しいから好きと言ってくれたり、みんなめんこい(=かわいい)子どもばかり。
 鬼さんと鬼ちゃん。言葉は同じでも中身は違う事を、子どもたちは知っている。